マーケティング

知ったらもっと好きになる♪スタバが日本で成功した理由

今や大きな街には必ずあるスターバックス私達アラサー世代で行ったことが無い人って少ないのではないでしょうか。

私も高校生の時に地元の駅にスタバが出来て以来、ふわふわホイップがたっぷりのったフラペチーノのファンになり新作が出る度にチェックしていました・・。

1996年に日本へ上陸してからぐんぐんと人気を上げ今では新作が出る度にSNSを賑わせていますよね。

日本って、食べ物が美味しい国だし独特の文化があるので実は海外の飲食店が日本に進出するのって結構難しいらしいんです。

でも、休日になると席を探すのが大変なくらい
常に満席状態な事もよく見かけます。

そんなスタバが日本で成功した大きな理由の1つは《女性客をターゲットに展開した》ことです。

今日はそんなスタバから女性にささるマーケティングを学びたいと思います!

実はコーヒー屋さんではない!?

スタバが日本に進出した当時、カフェと言えば【喫茶店】のイメージが強くタバコを吸いながら仕事の話をする場所というイメージが強かったそう。

そこでスターバックスの1号店は1Fと2Fで分煙しましたが3号店からは完全分煙にしたそうです。

スターバックスの生みの親ハワード・シュルツ氏は「店舗に入った瞬間にスターバックス体験が始まる」という事に拘り空間から徹底して作りこまれています。

 

そう言われてみれば

 

お店に入った瞬間からコーヒーの香りが漂い

 

お友達と楽しくおしゃべりしたいときや1人でゆっくり休憩したい時はふかふかのソファ席へ

PCで作業をしたい時や勉強をしたい時は電源付き作業席など
目的に合わせた席を選べます。

沢山あるメニューで迷った時はきさくで明るい店員さんが丁寧に教えてくれます!

スタバに何度も行った事がある私ですが嫌な店員さんに一度も出会った事が無いです♪

フワフワのホイップがのっているフラペチーノは崩す前に写真に収めたくなるほど綺麗だし

プラスチックのカップに店員さんがメッセージを書いてくれた時はほっこり暖かい気持ちになり、大切な思い出になります♪

 

スタバが日本に上陸したのは丁度、バブルがはじけ不況になり女性がどんどん働き続けるようになり始めた時代でした。

そんな働く女性達にスターバックスは

入った瞬間から”私”をおもてなししてくれて
リラックスして過ごせる場所
日本に作ってくれたのかもしれません。